自動車部品部門Automotive Parts Headquarters

株式会社CNK TOP > 事業内容 > 自動車部品部門

重要保安部品をはじめ高品質な自動車部品を生産
熱処理を含む前後の加工工程を一貫して管理・生産

事業内容 BUSINESS OUTLINE

当社は、自動車の“曲がる”機能に欠かせないパワーステアリング部品を
主力に自動車部品加工しています。

自動車部品製造において熱処理は肝となる重要工程の一つ。
その重要工程である熱処理を軸に前後の機械加工を一貫生産・管理できるのがCNKの特徴です。

一貫加工することで、リードタイム短縮や輸送コストが削減でき、
さらには自社での品質管理も可能にしました。
少量多品種製品もオールマイティに対応でき、大手企業から認定された
熱処理メーカーです。

高周波焼入れはもちろん、浸炭焼入れなどの熱処理を含んだ部品製造は、熱処理一貫加工でご提供できる当社にお任せください。

CNKにおける一貫加工の流れ

  • 素材調達
  • 切削加工および転造加工    ブローチ加工
        深穴加工(ガンドリル)
  • 熱処理(焼入れ)    高周波焼入れ
        浸炭焼入れ
  • 研削加工

<一貫加工のメリット>

  1. 1. リードタイムが短縮できる
  2. 2. 熱処理変化量が掌握でき、寸法補正が可能
  3. 3. 工程間の箱詰めロスや運搬ロスを削減
  4. 4. 完成部品として納入可能

ピニオンシャフト

ピニオンシャフト

パワーステアリングのハンドル操作をタイヤに伝達する
ピニオンギヤ軸で、重要保安部品となっています。

ピニオンギヤの転造加工から浸炭焼入れまで、
一貫加工することによってギヤの精度管理が可能です。

ラックシャフト

ラックシャフト

パワーステアリングのハンドル操作をタイヤに伝達する部品で、
ハンドル先端に組み込まれたピニオンシャフトの相手部品となる
ラック歯付き軸です。重要保安部品となっています。

粗材より切削加工、軸部および歯部の高周波焼入れ、研削仕上げまで完成品として一貫加工しております。

少量多品種も対応でき、あらゆるメーカーのラックシャフトが
製作可能です。

シャフトカップリング

シャフトカップリング

カップリングは、4輪駆動車の4輪を安定走行するためのトルク制御を行う駆動部品です。
トルク電磁制御装置に構成される重要な部品です。

浸炭焼入れから切削、研削加工を一貫加工しています。

お客様の求める良品を
ご提供するために・・・

機械加工のできる熱処理メーカーとして、熱処理一貫加工で低コスト高品質の製品をご提供すべく、弛みない努力で挑戦し続けます。部品部門では毎朝、工程内不良をゼロにするために朝市活動を行っています。

加工のみならず、熱処理を含む一貫加工のメリットをご提供できる当社にお声掛けください。

部品を製作するうえで必要な機能を充分に
理解するために教育道場を設けています。